top of page
  • 執筆者の写真小森智文

2月25日市民公開講座のお知らせ

更新日:2月15日

 私が所属しております兵庫県行政書士会阪神支部主催で、2月25日に尼崎市女性センタートレピエ(阪急神戸線武庫之荘駅から徒歩5分)にて、「終活」についての市民公開講座を行います。


 ※2月15日追記

  既に、参加申込が定員に達してしまいましたので、受付は終了しております。




 内容としては、第1部が映画「お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方」を鑑賞していただき、第2部では、兵庫県行政書士会の副会長と福祉・医療専門部会の委員長の3人がそれぞれの立場から、終活について、パネルディスカッションを行います。

 お土産として、芦屋のアンリ・シャルパンティエの特製ゆきまさくんをプリントした「しあわせサブレ」もご用意しております。


 少しだけ裏側の話をしますと、私は支部役員として、この企画に携わっています。当初、別の映画の上映も選択肢もありました。そのため、企画部役員4人がそれぞれ2本の映画をを見比べた上で、終活を理解していただき易い、この「お終活」という映画を選定しました。 この「お終活」は、第2弾が今年上映されるようですので、その前にご覧になっては如何でしょうか?


 終活は、「そのうちに」と思っている方が大半だと思いますが、元気で、しっかりと判断能力がある間でなければ行うことはできません。

 是非、この機会にお越しいただければと思います。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page