• 小森智文

高次脳機能障害

 日々、我々も新しい情報を収集するように努めています。

 私は、行政書士会の任意団体である「コスモス成年後見サポートセンター」に所属しています。この団体は、成年後見に関する知識を、定期的に更新できるように研修を行っております。


 先月、タイトルの「高次脳機能障害」に関する研修会がありました。私の頭の中では、交通事故に遭った方で、入院しているイメージが強くあったのですが、研修に参加して、一変しました。

 この障害は、目に見えにくい障害で、本人も、周囲もあまり気づかないという特徴があるようです。


 事故や病気によって、次のような症状が見られるようになった場合は、一度、診察をしてもらった方がいいと思います。このような状況に、ご本人がなってしまうと、ご本人自らが、行動をするというのは難しいと思いますので、ご家族などが中心となって、サポートしてあげるのが良いと思います。

【記憶障害】

 ・物の置き場所を忘れる

 ・新しいできごとを覚えられない

 ・同じことを繰り返し質問する

【注意障害】

 ・ぼんやりしていて、ミスが多い

 ・ふたつのことを同時に行うと混乱する

 ・作業を長く続けられない

【遂行機能障害】

 ・自分で計画を立ててものごとを実行することができない

 ・人に指示してもらわないと何もできない

 ・約束の時間に間に合わない

【社会的行動障害】

 ・興奮する、暴力を振るう

 ・思い通りにならないと、大声を出す

 ・自己中心的になる


 加齢によるものはではなく、事故や病気が原因で、脳に損傷を受けてしまったという前提条件がついてしまいますが、これらの症状があると、社会生活を行う上では大変不便だと思います。

 ちょっと周囲に、そのような方がいないか確認して、その方が生活しやすい環境作りに協力してあげるよう努めてください。


 弊所は、どのようなご相談でも随時受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示