• 小森智文

西日本代表決定戦

 今回は趣味の話を書かせていただきます。 

 この秋から冬にかけてのシーズンは、私にとっては、学生のアメリカンフットボールの観戦を楽しむ時期で、今年も12月5日に、西日本代表決定戦で、関西学院大学と立命館大学が対戦します。そして、この勝者が12月19日の学生日本一を決める甲子園ボウルに出場します。


 この甲子園ボウルを賭けた戦いで、両校はライバル校として、非常に接戦を繰り広げてきており、どちらのチームが勝ってもおかしくないと思います。

 関西の地域では、NHK-Eテレにて14時から、生放送されます。なかなか、アメフトを観る機会がない方も観戦して、楽しんでもらえたらと思います。


 アメフトのルールとしては、攻撃チームは4回の攻撃権が与えられ、その間に10ヤード進めば、更に攻撃を続けられ、最終的には、敵陣にボールを持ち込めば、得点が得られます。

 ラグビーと違う点としては、ボールを前に投げることができる点や、1プレーごとに戦略を練ったプレーを展開し、それに対し、如何に臨機応変に対応するかという、応用力と緻密さが求められることだと思います。


 両チームの選手ともに、怪我をすることなく、ベストを尽くしてもらいたいと思って観戦します。



 


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示