top of page
  • 執筆者の写真小森智文

行政書士試験

 毎月、行政書士には日本行政書士会連合会から「日本行政」という会報誌が送られてきます。

 これまで行政書士試験の願書受付期間などの告知等は、既に行政書士である我々には告知されていなかったはずでしたが、今年は掲載されており、もう願書を受け付ける時期になったのだなぁと気付かされました。


 行政書士試験は11月の第二日曜日に実施されますので、今年の試験日は11月12日(日)で、願書受付は7月24日(月)からインターネット受付は8月22日(火)17時まで、郵送の場合は8月25日(金)消印有効ということが発表されております。

 詳しくは、一般財団法人行政書士試験研究センター(https://gyosei-shiken.or.jp/)でご確認ください。

 以前も、このブログで書いた記憶がありますが、兵庫県に住んでいる方は必ず兵庫県内の試験会場で受けなければならないということはありません。現に私の場合は、大阪府の試験会場の方がアクセスがし易いという理由で大阪会場で受けました。

 試験会場は選択できるということを考えて、ご自身にとって、交通便などの要因も踏まえて申し込みをすると良いと思います。


 行政書士試験は、6割の正答を得られれば合格する試験です。試験日まで3ヶ月半の期間がありますので、まだまだ十分に合格するチャンスを得られるはずです。是非、試験勉強を頑張るとともに、試験会場選びも慎重に検討した方が良いと思います。

 


 



 

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page