• 小森智文

引っ越しワンストップサービス

 今月、総務大臣が、引っ越しをする際の手続きを、オンラインでできるサービスを、来年2月26日からスタートするという発表がありました。


 従来、引っ越しをする場合は、

 ①現在、住んでいる自治体の役所の窓口で、転出届の提出

 ②受け取った書類をを、引っ越し先の自治体の窓口に持参し、転入届の提出

 という手順で、引っ越しという忙しい中、2度も役所の窓口に行かなければなりませんでした。


 それが、今回発表された内容によれば、マイナンバーカードを持っていれば、転出届の手続きをオンラインで行うことができ、そして、転入先の役所の窓口に行けば、転入予約がされた状態になっているので、手続きが簡略化できるということです。


 人によっては、転入先の役所に行くことも面倒と思うかもしれませんが、全てがオンライン化されてしまえば、実際に移り住んでいない自治体にも容易に転居できてしまいますし、また、その後、銀行口座等の登録住所等の変更には、住民票なども必要になってくると思いますので、仕方がないとは思います。


 将来的には、もっと進化していくとは思いますが、そのためには、以前より、このブログでも紹介しておりますようにマイナポイントがもらえる年内にマイナンバーカードを取得しておく方がいいと思います。

 マイナポイントの付与で一番手軽なものとしては、JRなどのICカードへのポイント付与だと思います。

 実際、私も成年後見人をしている方のポイントをICOCAに付与しました。

 そうしておけば、15,000円分の交通費を確保しておけます。他にも色々なやり方はあるとは思いますが、やはりこの機会に取得しておくことが大切だと思います。


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示