• 小森智文

ワクチン予約体験

 6月20日のブログでは、尼崎市とその近隣の市のワクチン接種の予約スケジュールを、紹介しました。

尼崎市の場合、64歳以下の接種券の発送は7月2日からで、予約開始は年齢ごとに決められており、私の場合は早くても7月中旬以降になってしまいます。



 正直、私はワクチン接種は、暫く様子見をしようかと思っていました。ただ、仕事柄、人とお会いする機会も多いため、自分のためというより、お会いする方々に安心してもらうために、ワクチン接種しようと思い立ちました。

 ただ、市のスケジュールに沿って待っていると、その気持も薄らいでしまうと思い、大阪で行われている自衛隊の大規模接種センターや、兵庫県が設置した接種会場の西宮会場で予約をしてみようと思った、私の実体験を書いてみたいと思います。


 ①尼崎市新型コロナワクチン案内センター(06-4950-5085)に電話をして、10桁の接種券番号を教えてもらう

   回線を増やして対応してくれていると思いますが、簡単には繋がりません。10分以上、リダイヤルを繰り返

  し、やっと呼び鈴が鳴ったと思っても、なかなかオペレーターが出ません。

   氏名、住所などの本人確認をした上で、接種券番号と自治体番号を教えてもらいます。


 ②パソコンで、兵庫県西宮会場の接種予約を取る

   先程、教えてもらった自治体番号、接種券番号と生年月日を入力し、次にメールアドレスや連絡先の登録を行

  った上で、日時を選択し、予約を完了させます。

   特に、難しい操作はなく、あっという間に予約を取ることができます。予約が取れると、登録したメールアド

  レスに、予約内容が送られてきます。

 

 ③再度、尼崎市新型コロナワクチン案内センターに電話をして、予約が完了したことを伝える

  ワクチン接種には、接種券が必要になるため、オンライン予約が完了したら、再度、案内センターに連絡をしな

 ければなりません。当然ですが、つながりにくいので、何度もリダイヤルをする必要があります。

  予約が完了したことを伝えると、接種券を保健所まで取りに行かなければならないこと、いつ取りに来るのかと

 いう確認があります。


 ④保健所で、接種券の受け取りを行う

  JR立花駅の駅前にあるフェスタ立花南館5階の保健所に行きます。5階に着くと、接種券の受け取りの表示が

 ありますので、特別に設置された窓口で、本人確認書類(健康保険証や運転免許証など)を提示して、接種券を受

 け取れば、接種日までの準備は終わります。


 番外編

 ⑤自衛隊の大規模接種センターでの予約

  6月28日以降は第2回目接種とされており、6月27日までの予約は一旦終了となっていて、空きが出れば、その都度

 開放されると書かれています。そのため、自治体番号、接種券番号と生年月日を入力し、ログインをしてみまし

 た。

  このサイトでは、特にメールアドレスや電話番号を入力する必要もなく、予約ページに辿り着くことができま 

 す。トップページで、「一旦終了」と表示されていたこともあり、カレンダーにはすべて「☓マーク」が並んでい  

 ます。しかし、再読み込みをすると、時折「△マーク」が表示されます。恐らく、キャンセルが出たものと思われ

 ます。ただ、ほぼ一瞬でその枠も埋まってしまいますので、余程、ネットの通信環境、操作する機械のスペックや

 操作の素早さが揃わなければ、キャンセルが出ても、予約することはできないかと思います。

  なお、この記事を書くために、大規模接種センターのホームページを確認したところ、6月28日~7月4日まで、第 

 1回目の接種枠を525を増やし、その予約を6月26日0時から申込みを受け付けるそうです。 金曜日の深夜ですの

 で、一瞬で埋まってしまうのでしょうが・・・。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示