• 小森智文

デジタル遺品

 近年は、パソコンやスマホを所有され、そのログインの際に、パスワードを設定されている方が多くいらっしゃると思います。

 最近、デジタル遺品のことに書かれた書籍を読みましたところ、そのようなパソコンやスマホの中に残されているデータを確認するために、パスワードが分からず、専門業者に解除を依頼すると、かなりの費用と期間が掛かってしまうことが書かれていました。


 最近は葬儀は家族だけで執り行うことが多くなっていますが、ご友人などに連絡をしなけばならない時には、すぐにパソコンやスマホの中の連絡先から確認しなければなりません。

 パソコンやスマホにパスワード設定されている方は、何か有事のことがあった時に、親族の方が分かるところに、そのパスワードを保管しておくことが大切なことだなと実感しました。


 あと、スマホ決済で「○○pay」というものが、多く存在しますが、ご利用されている方が亡くなられた場合は、それらも遺産として相続できると考えられますが、まだ、サービスが始まったばかりで、明確な業界での処理基準や方法が確立されていないため、各社に問合せを行い、それぞれの独自ルールに従って手続きを行う必要があるようです。そのため、便利さだけを求め、複数のスマホ決済を利用するのではなく、利用されるサービスを絞った方が、有事の際(自身がスマホを紛失や盗難に遭った場合も含め)には、手続きが複雑にならなくて済むかと思います。


 また、私は利用したことはありませんが、ビットコイン等暗号資産と呼ばれるものを活用されている場合は、銀行口座のように全店照会をして、口座や金融資産を突き止め、調べるということができないようです。どういう暗号資産に、いくら運用しているのかという情報も合わせて、有事の際には分かるようにしておく必要があると感じました。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示