• 小森智文

コスモス成年後見サポートセンター

 


 私が、昨年行政書士登録を行って最初に研修を申し込んだのが「コスモス成年後見サポートセンター」の会員になるための研修でした。

 「コスモス成年後見サポートセンター」の特徴は、以下の通りです。

 ①行政書士しか加入できない一般社団法人

 ②加入時、2年に1度研修義務がある

 ③成年後見などは、家庭裁判所への報告義務は1年に1度。コスモスの場合は3ヶ月に1度

 ④会員は成年後見賠償責任保険への加入義務がある


 私は、現時点では、兄2人の成年後見人でしかありませんが、やはり、成年後見制度の最新の知識を吸収するため、また、行政書士という国家資格保持者として、家族後見という立場であっても、しっかりと第三者による監督・指導下でチェックを受けることが大切と思って、加入しています。

 一応、母親とは任意後見契約を結んでおりましたが、任意後見が発動する(判断能力が落ちて、家庭裁判所に対し、任意後見監督人を選任を依頼する)前に亡くなってしまいましたので、法務局に対しても、任意後見終了登記を行いました。


 また、コスモスの3ヶ月に1度の報告は、1~3月分を4月、4月~6月分を7月、7月~9月分を10月、10月~12月分を1月に行う必要があり、兄2人分の報告も、先週終わらせたところです。

 私のような家族後見の場合は、無償で行っていますので、事務報告が増えるだけですが、これを面倒と思っている限り、ご相談者様やご依頼者様の信頼は得られないと思い、自分への戒めも兼ねて、3ヶ月に1度の報告を行っております。

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示